住み込みで高級指揮官の官舎の家事に当たる「公館兵」にありとあらゆる雑用をさせたという疑惑で、韓国陸軍の現役大将が捜査を受けることになった。

 韓国国防部(省に相当)の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は4日「朴賛珠(パク・チャンジュ)第2作戦司令官に対する監査の結果、メディアで報じられた内容のうち、かなり部分が事実と判明した。

 朴司令官を職権乱用などの容疑で刑事立件し、軍検察の捜査に移すこととした」と発表した。また朴司令官の妻チョン氏については、軍検察で参考人として事情聴取を行い、必要な場合には一般の検察に捜査を依頼すると付け加えた。

 韓国陸軍は、将官クラスの指揮官が率いる全ての部隊を対象に、公館兵に対する人権侵害があるかどうかを確認するための全数調査に乗り出した。陸軍が運営する合わせて90の公館(官舎)に勤務する、およそ100人の公館兵が対象。

 国防部は、今月1日から朴司令官夫妻、元職・現職の公館兵6人などおよそ10人を対象に監査を行い、その中間結果を4日に発表した。

 国防部は、軍人権センターが提起した疑惑のうち、朴司令官夫妻が公館兵に腕時計型の呼び出しベルを付けさせた疑惑、妻チョン氏が熱いトックク(韓国風雑煮)のもちを手で取り出させた疑惑などについては調査対象者の話が一致し、事実と確認されたことを明らかにした。

 また、公館兵の料理の腕前を理由に親を侮辱した疑惑、炒め物を投げつけた疑惑などについては、妻チョン氏は否定したものの、多数の兵士の話が一致しており、事実と判断されたという。

 ただし、ある公館兵が自殺を試みたことに関しては、国防部は「朴司令官夫妻は、問題の兵士の個人的要因が作用したものと話している」と説明した。

 また朴司令官が、妻は「旅団長クラス」だとして敬意を払うよう公館兵を怒鳴りつけた疑惑についても、全ての調査対象者が「聞いたことがない」あるいは「記憶にない」と話した−と国防部は伝えた。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/05/2017080500435.html

(>>2以降に続く)

コメント一覧
(>>1の続き)

韓国軍:部下を下人扱い、過度な序列関係で公私の区別できず

 韓国陸軍第2作戦司令部の朴賛珠(パク・チャンジュ)司令官(陸軍大将)夫妻が、住み込みで高級指揮官の官舎の家事に当たる「公館兵」にありとあらゆる雑用をさせていた疑惑に伴い、韓国軍の公館兵制度そのものも問題になっている。

 しかし、韓国軍の幹部が兵士を私的に動員する悪習は、なにも公館兵に限ったことではない。上官とその家族のために「ゴルフ兵」「テニス兵」「課外兵」として働いたという証言は、オンラインコミュニティにあふれかえっている。

 江原道で韓国軍に服務していた元兵士の一人は、部隊の近所にある菜園で草むしりのようなことをほとんど毎日やっていたという。

 最初は「民間への奉仕活動」なのだろうと思った。だが調べてみると、部隊の元士(最上級の下士官。上級曹長に相当)の個人菜園だった。こうした事実が明らかになった後も、元士は兵士の動員をやめなかった。部隊の指揮官も制止しなかったという。

 京畿道坡州の展望台では、月曜日になるたび通訳兵が「観光ガイド」と化しているという。月曜日は展望台の公式な定休日だ。このとき、将官の家族がやってきたりして、兵士たちは展望台から地下トンネルまでいちいちガイド役を務めた。

 もともと、この職の業務は「展望台を訪れた観光客を案内し、海外から招かれてやってきた軍の貴賓のために通訳をすること」だ。

 この部隊の出身者は「月曜日が唯一休める日だが、軍の将官の家族が来るとなると、朝早くから起きて掃除し、望遠鏡を無料で使えるように準備しておいた」と証言した。

 26歳の元通信兵は、幹部の電子製品に関する仕事を任された。日課が終わってから准将の指示で公館を訪れ、カラオケ機器を設置した記憶があるという。

 カラオケ機器は、運転兵がトラックで公館まで配達した。このカラオケ機器は、准将が友人たちと夫婦同伴で楽しむためのものだった。別の幹部は、自宅に家電製品を設置したり修理したりしなければならないとき、この通信兵を呼んだ。

 元通信兵は「アフターサービスに時間がかかると、幹部は通信兵を探した」と語った。

 空軍の宿舎の管理兵として服務していた25歳の元兵士は、大領(大佐に相当)や団長が変わって引っ越すたびに、公館にある家具を全て取り換え、掃除したという。

 引っ越し当日には宿舎の管理兵だけでなく、中隊の洗濯兵、理髪兵、事務兵が総動員された。ある大領クラスの指揮官は、知人が公館を訪問すると「友人にかける布団をきれいに洗って持ってこい」と指示した。

 この元管理兵は「幹部の間には『ささいなことでも、全部兵士にやらせればいい』という考えが根深くあるようで、苦々しかった」と語った。

 こうしたことは、軍隊の現役兵にのみ起きているわけではない。兵役のかわりに警察で勤務する「義務警察」などでも、同様のことが起きている。警察幹部の下着を義警が自ら手洗いすることは多いという。

 このため、「根本的な問題は、幹部が『なんでも兵士にさせればいい』と考える文化」という指摘が出ている。過度の序列関係のせいで、公的な業務と私的な件を区分できないのが問題、という分析もある。

 ネット上には「いくら大変だといっても、公館勤務兵は花形職(楽な仕事)で通った」という意見がある。公館兵は、遊撃訓練などきつい訓練から除外されるケースが多いという。しかし、専門家らは「兵士を雑務に動員すること自体、戦闘力の損失」と指摘する。

 建陽大学軍事学科のユン・ヒョンホ教授は「軍事作戦の側面から見ると、公館兵は必須の補職とはみなし難く、予算を抑えるため維持されているという側面がある。兵士を雑務に動員したら、軍全体の戦闘力が落ちてしまう」と語った。

 朴司令官については、さらなる通報がなされている。軍人権センターは4日、追加の通報者をメディアに公開した。

 公館兵出身の元軍人だという通報者は「朴司令官夫人は、何事につけ一つも手を動かさず、公館兵を個人の下人のように使った。(朴司令官は)家で(夫人が)どうしているか知っていながら、そのままにしていた」と語った。

 朴司令官は「苦労してはじめて(公館兵が)楽だと分かる」と言って、最前方のGOP(一般前哨)部隊に公館兵を1週間ずつ送ったという。

ソン・ユジン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/05/2017080500451.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/05/2017080500451_2.html

(おわり)
(◎__◎;)日本人を、奴隷にしたい願望は、ハングル人固有の野望だと聞きました。
いかにも朝鮮人って感じ

半島の日常
カリアゲ君とかシューキンペーさんの話じゃないんでしょ?
ずいぶんひどい大将じゃないの。お山の大将ね。
韓国では上の人間が落ちぶれる時はマッハだからな
恨みの深さが想像もできん
両班気質は抜けないね
ほのぼのヘル朝鮮
>「ゴルフ兵」「テニス兵」「課外兵」として働いた

やっぱり韓国は面白いわ 観てる分にはだが
もっと過激におやんなさい