協会に要求11ヶ条をつきつけた力士会と協会幹部。両方に
解決策はなく、時間だけがいたずらに過ぎていった。
そこで、双方が納得できる調停役を立てることになった。
調停役に選ばれたのは警視総督赤池濃であった。赤池は
両方の話を聞いたうえで、まず、本場所を開き、場所後に
折衝案を出すこととして収束した。

しかし、調停にあたった横綱・大関・立行司7人の代表
大錦はこれでは自分の立場はないと深刻にとらえた。
1月18日、力士と協会の和解の宴会が日比谷で開かれた
が、大錦は宴会場別室で自ら髷を切り、死を賭して解決に
あたることができなかった責任を誰も予期できないカタチで
とって謝したのであった。31歳、取り盛りの横綱が自ら髷を
切って相撲界を去ることなど前代未聞であった。
横綱 大錦卯一郎
<大錦の絵葉書>
 
場所後、次の興行から1日増やして、養老金(退職金)を
幕内5割増し、十両2割5分増しとした。また従来8場所
務めなければなかった資格が十両を1場所でも務めれば
資格ができるとした。しかし、不十分な結果は後に春秋園
事件につながることとなった。

解決案が決定すると同時に協会幹部は総辞職し、これまで
取締だった出羽海は再当選することができなかった。彼が
取締相談役としてだが、復活するのは1925(大正14)年の
ことである。